SSブログ

第580話 稲取・どんつく祭編☆vol⑤『さすって・・・いいですか?』さんが焼き&西伊豆しおかつおうどん [廃村さーくる]

 彼女たちの後ろをついていくボク。

 どうやら未だに例の男性のアレをシンボルにしたお御輿の話題で盛り上がってるようだ。

 ここから見ていると夕実ちゃんだけが赤面して、首塚さんやリンダ、琴音のまわりを右往左往、アワアワしているのが見て取れる。

 その様はなんだかとても初々しくて可愛らしい。

 

 ・・・ん?

 いや、元々可愛らしいとは勿論思ってる。彼女のことはね^^

 なにかとベッタリしてくるのが少し苦手と思ってただけなのだから。

 でも、彼女の純なところを改めて見ていると愛くるしいとは思っちゃう・・・かも^^

 

 ふと、ボクに助けを請うように、

 夕実ちゃんがトタトタトタと、ボクに近づいてきてこう言った。

『先輩!首塚さん達酷いんですよお・・・^^;

 中学校時代に、私と琴音っちと菅原先輩ではさみ石の周りで泳いだことありますよね?

 その時に先輩のお着替えをたまたま見ちゃったことがあるんですぅって昔話したらあ、

“ど、どうだったのかしら?(ハアハア・・・)”とか、

“ワイルドでしたか!?可愛らしい感じデシタカ!?”とか、

“風呂場でよく見たけど、アレは天狗っす!”とか、

 うううう・・・めっちゃハズカシイ質問攻めなんですう^^;』

 

 そ れ は ボクの方がハズカシイんだけど!

 

 ・・・というか、兄貴の風呂をのぞいてたのかい!琴音^^;

 

『コラコラコラコラーーーーッ!お前たち何の話をしとるのだー!』と、半分怒りながら、

 半分冗談気味に先行く女子チームを追い掛け回すボクがそこにいた。

 笑いながら逃げまくる彼女たち。

 そんな小遊びをしていたわけなんだけど

『あら?ここって、どんつく祭りの会場よね^^;』と、ふと首塚さんが気づく。

 遊びながらもボクが牧羊犬のように会場まで彼女たちを追いやってたのは言うまでも無いw

 

 さあ、始まります。

 第580話。稲取、どんつく祭りスタートです☆

夕実ちゃん・どんつく祭り・チラ見2.jpg

『子供のオチ〇チンみたいなお御輿がありますデース☆』

RIMG0100.jpg

 神輿の待機所を見かけたリンダが小さな小さなお神輿に気づいて大きな声を上げる(コラコラ^^;)

『これでも充分デカイよね?夕実っち☆』と、琴音がソレを指差しつつ、夕実ちゃんの肩をポンポンと意地悪そうに叩く。

『うう・・・知らないですぅ^^;もおっ!』

 恥ずかしがる夕実ちゃんになんかとってもドキドキしたが(あれ?おいらはSなのか?^^;)

 彼女への助け舟のつもりでボクはそのお神輿について、間を割って説明をすることにしたんだ。

『どんつくのお神輿には、さっきボク達が見たお神輿以外にも、小神輿として3体のお神輿があるんだよ^^

 ぶっちゃけると、メインのお神輿は主に地元の男性の担ぎ手専用。

 小神輿は女性の担ぎ手だったり、観光客さん達の飛び入り参加大歓迎っていう観光客用だったりするんだあ(例外あり。といいますか、そこまで厳格でもないしね^^ みんなでワッショイが、このお神輿の本意です☆)』

 ボクの説明に皆『へ~』とか『ほお~』とか関心するかと思いきやーーー

 ごく一部(夕実ちゃん)を除いた女衆は、その横の物体に釘付けだった。

 誰も聞いてないし

(夕実ちゃんは恥ずかしながらもコクコクと頷いて聞いてた^^;)

 

 ーーーふと、リンダが恐る恐ると言いますか、ソレを指差しつつ聞いてきたのだ。

 その喉元からは、

『ゴクリ』と唾を飲み込むような音さえ聞こえてきそうな真剣な眼差しでーーー

RIMG0101.jpg

『コレ・・・さすってもいいデスカ☆』

 え・・・あ・・・うん。

『大丈夫だよリンダ^^; むしろ触って御祈願するのは今がチャンスかもしれないよ。

 この後は担がれて中々触れることも出来ないしね^^

 とは言え子宝成就とか子孫繁栄とかの神様(祀りあげ)なんだけど^^;』

『OKデス♪ コダカラ授かるのは素敵なことじゃナイデスカ☆』

 と、リンダは自分のお腹の辺りを手で妊婦さんのお腹のようにゼスチャーしながら、そのビックなヤツに向き直った。

 そして照れもせずに堂々と先っちょを摩り上げていた・・・(なにかこっちが恥ずかしくなるんだが^^;)

『ブチョー!ブチョーもイカガデスカ^^』と、リンダは首塚さんに勧めるのだが・・・

『し、仕方ないわね^^;ここまで来てお祈りしないなんて罰が当たるしね^^;

 じゃあ・・・ちょこっとだけ^^』と、恐る恐るそれに手を触れる首塚さん。

 とはいえ、その後は一生懸命目を瞑ってはお祈りしていたんだけどね^^

 それに続くように琴音が触り始める。

『ほほ~、色といい艶といい大きさといい、たまりませんなあ~w』と、夕実ちゃんに見せ付けるように摩りまくり^^;

 少しは恥らってくれよ。我が妹よ^^;

 というかまったく祈る気ねーだろお前^^;

 

 そして最後に夕実ちゃんが、お神輿を見ずに手を突き出して摩り始めた・・・^^;

 そんなんじゃご利益無いぞおー夕実ちゃんw

『じゃあ~あらかた祈願したところで祭りに繰り出してみようかみんな』とボクは声を掛けた。

 

『アレ?スガワラサンは触らないンデスカ?^^』

 リンダの言葉に『ええ?ああ・・・じゃあ触っておこうか^^;』と、ボクもさすってからお祈りしておいた。

 なんだかとっても複雑な感じなんだけど・・・^^;

(将来の自分のパートナーさんが子宝に恵まれるようにと祈っておくことにした)

夕実ちゃん・どんつく・シーン移行・画像.jpg

RIMG0104.jpg

 祭り開始前、担ぎ手達やコンパニオンさん達が集まってミーティングを始めていた。

 ボク達はその横をお邪魔しないように抜け、先ほどの祭り会場へと行ってみた。

RIMG0106.jpg

RIMG0107.jpg

『みんな、そういえばご飯食べたのかな?』

『全然食べてないよお兄ちゃ~ん。是非ともぉ~。

 奢ってください♪キャピ☆』

 なぜ食い物の時だけ妹面するんだお前は!

 ふと振り向くと指を咥えるような仕草でボクを無言で見つめている子猫ちゃんたちがそこにいた・・・。

『はいはい。奢ったるからみんなで並ぼうね^^;』

『『『わーい♪お兄ちゃん大好き☆』』』

 

 ・・・お前らいつからおいらの妹になった

 

 ということで・・・屋台タイムのハジマリです^^

夕実ちゃん・どんつく・シーン移行・画像.jpg

RIMG0108.jpg

『さんが焼きってどこの港町でもあるわよね^^;』

『サンガヤキとは?ナンデスカ???』

『ああ~あれっすよ。鯵とか“なめろう”って料理あるじゃないっすか。刺身を細引いたり叩いたりした中に生姜や大葉や味噌やら薬味を混ぜて食べるやつ。

 あれをおやきにしたのがさんが焼きっす^^』

 琴音の解説で大体あってるからボクの出番は無いようだな~と思っていたところ、お店の人が補足してくれた。

『今日はね~鯵じゃなくって鰤なんすよ~^^ 時期によって取れた魚で毎回変えてるんす^^』

 みな、へ~とかほ~とか言っている。

 そこに再び琴音が割って入ってきた。

『せっかく地元じゃ金目鯛が有名なんだから金目にすればいいじゃん☆ そろそろ金目の時期っしょ?おっちゃん^^』

 その言葉におっちゃんも苦笑い^^;

 いや・・・金目でもやれるけど、もったいないよ琴音^^;

 だいたいなめろうとかさんが焼きってのは、下魚とか臭みの強い青身魚を如何にして美味く食べてやろうってことで漁師さんが考えたやつだぜ?^^;

 なんだか屋台の人が不憫でならなかったボクは、みんなの人数分購入することにした・・・

RIMG0114.jpg

夕実ちゃん・どんつく・シーン移行・画像.jpg

RIMG0110.jpg

RIMG0111.jpg

RIMG0112.jpg

RIMG0118.jpg

RIMG0115.jpg

『あ、あっちの食べ物も気になるわね~^^』と、チラッチラとボクに色目使いをする首塚さん^^;

 はいはい。お財布部隊ですよどーせオイラは^^;

RIMG0119.jpg

RIMG0120.jpg

『西伊豆しおかつおう・・ど・・ん? ここ東伊豆っすよ?』と、店の前で琴音が呟いたら、お店の人が寄ってきたw

『ようこそいらっしゃ~い^^ ここ稲取が東伊豆。でもなぜか西伊豆の名物が~なんて言わないでおくんなましオジョウチャンw

 この手の屋台じゃご愛嬌ですよ~^^

 ま、まずは百聞は一見にしかず、百聞は一食にしかずってもんです。

 さあさあ、一杯二杯といかがかな^^』

 周りの皆を見渡した。

 そしたら皆がボクの方に食べたそうに見つめ返すもんだからってことで・・・ひ~ふ~み~の、よのご~って感じで

『おじさんソレ・・・五個ください^^;』と注文です(ボクの夏目漱石があ・・・・)

『毎度あり♪お兄さん太っ腹でモテモテでしょw』と返してくるおじさんにボクは『ええ・・・まあ^^;』と苦笑いで返しておいた。

 ---待つ事二~三分、

 ボク達の前に『あいよっ!』っと、ソレがやってきたのだ。

RIMG0121.jpg

『パッと見、釜玉うどんみたいじゃね?』と琴音。

 皆それにウンウンと頷く。

 うん。確かに釜玉うどん系だよなあ~。

 そこに先ほどのおじさんがまた登場。色々と解説してくれた(実際にあったことです^^)

RIMG0122.jpg

『しおかつおってのはですね?西伊豆に古くから伝わる料理なんですよ^^

 古くは今日の都に税として献上品としていた伝統あるものなんです^^

 カツオを丸ごと塩漬けにした後に干したもの(保存食)が原型でして、

 アツアツの茹で上げうどんに、その塩カツオのほぐし身・ゴマ・海苔・ワカメを入れ混ぜ合わせ、

 そこにおかかと刻みネギとほんのり醤油を隠し程度にたらしたものが、

 この西伊豆しおかつおうどんなんですよ^^

 ま、そんなことよりアツアツのうちにフーフーしながら食べてみてくださいよ^^』

 実は、おじさんの説明が終る前に皆さっさと食べ始めていた^^;

 皆、実に現金である^^;

『あら!?さっぱりしてるけど美味しいわね~♪』

『オカカの風味が食欲をそそりますデース☆』

『鼻腔(ビコウ)をくすぐる馥郁たる香り!美味い!女将を呼べ!』

『わきゃー☆ これなら何杯も食べれそうですう^^』

 女性陣には大うけ。

 しっかりとおじさんの説明を聞いていて食べ損なっていた自分もさっそく箸にかけ、ズルズルと頂いてみた。

 ・・・

 ・・・

 ・・・これは美味い♪

『あっさり魚介系が好きな人なら絶対好みそうな味ですね^^ちょっとファンになっちゃうかもですよ^^』と、思わず口をついたら

『そう言ってもらえるとありがたいよ。うん。ありがとうございます^^

 ガンガンしおかつおうどんを広めていこうと思ってるから宣伝よろしくね☆ アッハッハ^^』と、おじさんは喜んでくれた。

 その後は皆でズルズル~とすすってプハーと満喫です^^

 皆笑顔笑顔。

 やっぱり美味しいものってのは人を笑顔にさせるよね☆

 

 さあ、

『今からどんつく祭りをとりおこないます』とのアナウンスが響き渡った。

 まわりを見れば明るかった空もだいぶインディゴブルーに染まっていたーーー

 

 ここまで読んでくださりありがとうございました^^

 次回は・・・まだまだどんつく祭り編、最終回じゃ・・・ないかもですw

 

 おじちゃーん!言われた通り宣伝しといたぞー!

 しおかつおうどんを☆

 

※1 みんなのところに訪問出来てないのにもかかわらず・・・

 http://sinn-niwakunoakuma.blog.so-net.ne.jp/2013-06-20なぜかサブブログを更新する余力がある不思議w

 ええ、自分本意ですからねえ~w


nice!(93)  コメント(21) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 93

コメント 21

YUTAじい

おはようございます。
街全体が一緒で盛り上がりますね。
今朝はチーズトースト・・・さっぱりした「しおかつおうどん」食べたい。
by YUTAじい (2013-06-20 06:17) 

下総弾正くま

鰤のさんが焼きですかっΣ(゜Д゜;
さすがに鰤のやつは食べたことないなぁ…(・_・;)

しおかつおうどんは…ステマですか(・・?)
by 下総弾正くま (2013-06-20 07:24) 

駅員3

ご神体のマスコットは売ってませんでしたか(^^)!?
きっとまとめ買いする人も・・・!!??
by 駅員3 (2013-06-20 07:47) 

風太郎

ちょいさんのが御神体のモデルになってるとか・・・
さすがに立派です!
しおかつおうどん、コレはいいなぁ~
是非とも頂きたいです!
by 風太郎 (2013-06-20 15:31) 

ニッキー

伊豆には何度かお邪魔してますが、「しおかつおうどん」初めて知りました^^
是非食べてみたいです(^O^)


by ニッキー (2013-06-20 16:14) 

獏

くううぅ~しおかつおうどん 食べたいぃ~☆(@@;))
自分はもうご神体を擦らなくてもイイデス(汗)
あ!でも一族郎党の健康と繁栄を祈るなら
いいかなぁ~(^w^)☆


by 獏 (2013-06-20 16:21) 

まめ

さんが焼きは初めて聞きました。
しおかつおうどんは普通においしそうです。
にしても、このお祭りは子供に説明しにくいですw
by まめ (2013-06-20 17:02) 

suzuran6

久し振りに、ここでやられたぁΨ( ̄∇ ̄)Ψ
だってあまり食べ物出て来ないジャン・・・
しおかつおうどん、しっかりとおぼえましたよ、おじちゃ~ん。
やはり帰宅途中の電車で、ブログ見るのはよそうかなぁ
by suzuran6 (2013-06-20 19:29) 

馬爺

鰤のなめろうは食べたことが無いですね。

by 馬爺 (2013-06-20 20:10) 

yoshinori

ワッショイって言葉は魔法のことばっすよ!^^

by yoshinori (2013-06-20 21:46) 

DEBDYLAN

しおかつおうどん、知らなかった^^;
食べてみたいっす!!

by DEBDYLAN (2013-06-20 22:06) 

銀狼

うどん美味そう~^^
菅原先輩、私にも奢って下さい(笑)
by 銀狼 (2013-06-20 23:51) 

ねこじたん

おうどん たべたいんですけろ…
つか 天狗は どんな人だっけ?
by ねこじたん (2013-06-21 00:07) 

orange

このおうどんは、美味しそうですね。
夫が大の麺類好きです。
by orange (2013-06-21 01:12) 

朝蔵哲也

先っチョがぁぁぁぁ。。。。。( ̄∇ ̄*)

by 朝蔵哲也 (2013-06-21 05:15) 

サンダーソニア

しおかつおは頂いたことがありますが
上手に調理できなくて~^^;
おうどんにすればよかったのね。
by サンダーソニア (2013-06-21 11:10) 

Hide

おはよ〜ございます!
最高のブログです、イラストも上手いですね〜
しおかつうどん、旨いだろうな〜食べたい!
by Hide (2013-06-21 11:19) 

johncomeback

鰤のサンが焼きは味が想像つきません。
しおかつおうどんは、間違いなく美味しいでしょう。
でも、痛風にかつおはご法度です(T_T)
by johncomeback (2013-06-21 14:01) 

美美

しおかつおうどん美味しそう、
食べたいなあ^^
by 美美 (2013-06-21 19:30) 

ちゃめこ

稲取のグルメ屋台は、かなり美味しそうですね!
その2つのメニュ-は、普段だとお店で出しているのかな?
是非とも食べてみたいです。
by ちゃめこ (2013-06-21 22:55) 

sakamono

確かに「小神輿」もカワイイ^^;。
塩かつおうどん、美味そうですね。塩漬けにしたかつお、
と聞いただけで美味そうです。
by sakamono (2013-06-22 15:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。