So-net無料ブログ作成

第668話 横須賀・夏島編☆vol②『友達以上、友達未満?』伊藤博文とタブの木・追浜日産工場 [廃村さーくる(古煉瓦)]

『私は正直プンスカですよォ!わきゃ^^;』

 

 琴音っちの『私の彼氏に会える』とかそんな嘘つかなくても、普通に話をしてくれれば、誘ってくれたならば、

 私はこんなモヤモヤを感じなかった。

 だって友達だもん。

 私がいじめられていたのを救ってくれたのも、菅原先輩と先輩の妹である『琴音っち』なんだから。

 

 彼女と付き合ってきて、私は彼女に対して本気で怒ったことなどない(いやちょっとは有る^^;)

 でもでもォだって、いつだって『ありのまま』を

 だってだっていつだって『本当のこと』をちゃんと話してくれていたから。

 顔は笑っててもいつだって隠さず本気だから、私も安心して本心をいつも彼女には答えていた。

 ・・・それがヒドイじゃないですか。

 なんでまた横須賀のツアーにいつのまにか参加させられてるのかですう・・・^^;

 激おこな私は問い詰めようとも思ったのですが、

 私にもどうしても言えない何かが彼女にあるのでは?と、一旦空を仰いで深呼吸。心を落ち着かせたです。

 

 琴音っちの意図は?

 もしかして言えないような悩み?

 私こと夕実が送る、横須賀夏島編スタートですぅ^^

(今日は夕実ちゃん視点で物語が進みます)

第668話・夕実ちゃん・伊藤博文.jpg 

DSC03262.jpg

DSC03263.jpg

DSC03264.jpg

DSC03265.jpg

DSC03266.jpg

DSC03267.jpg

 駅から歩くこと15分くらいでしょうか。

 体育館でおトイレ休憩があるらしい。

 私は琴音っちに事の真意を問いただそうと思っていたのですが・・・

 一緒のグループのオバサマが中々私を離してくれないのですう^^;

 パンフレットを読むに、どうやら『夏島貝塚』と言う所に向っているのは分かってたのですが・・・

 このオバサマは何の為にこのツアーに参加してるのか分からないくらい私に世間話をしてくるのです^^;

 ちょっと助けてよ!と視線をチラっチラって琴音っちにこっそり送るのですが・・・

 奴はニヤニヤしてるだけで助けの1つも出してくれないっ^^;

 正直ムカムカプンプンです!

 結局トイレ休憩でもオバサマと一緒^^;

 この後も、横須賀のガイドさんと親しげに歩く琴音っちのすぐ後ろを私とオバサマのマンツーマンで歩く事になるぅぅーーー

DSC03268.jpg

DSC03269.jpg

 しばらくすると住宅街を抜け、大きな工場?のコンクリートの外塀らしきところを歩く事に。

『夕実ちゃん見て見て!綺麗なお花よねえ^^』

『そ、そうですねえ^^; 春っぽくていいですう^^;』

 私とオバサマの他愛の無い会話も絶賛続行中・・・

(もう名前も覚えられちゃったし、『ラインする?ねえライン♪ おばちゃんね?最近ラインっての覚えちゃったのよオホホ^^』と、LINEまで誘われる始末ですう^^;)

DSC03270.jpg

 この後は、更により深く工場地帯へと向っていく私たち。

DSC03271.jpg

 ガイドさんが『アレをご覧ください^^』と言ったところで、みんなその指差す方向に顔を向けた。

 壁越しに覗くのは何の変哲も無い工場の建物に見えました。

『昔はここいらへん一帯は軍の土地だったんです^^ 戦後、米軍に接収された後に返還。

 そして民間に払い下げられたわけなんですが、その当時の建物を流用していたりもするんです^^

 あの窓枠を見てください。縦長でしょう?

 縦長の上げ下げ窓はよく昔の洋風建築に用いられていました^^』

 言われて見れば確かに昔っぽい感じですう^^

 でも言われなければ全然気づかなかったですw

 さすがガイドさんです☆

DSC03272.jpg

 更に何の変哲も無い道路を今度は指差して、再びガイドさんが皆にお話を始めたのです。

『この道路幅って結構広くないですか?』

 ・・・ん~、確かに広いですが、それは工場へと出入りする大型車の都合の良いように道路を造ったからじゃないのお?と私は思ったのですう。

 でもでもです。

『実はですね?道路が広いのも軍用として使われていた当時の名残りなんです^^

 当時を直接はっきりと語るような物は少ないのですが、こうして町並みや外観として案外ひっそりと残ってるものなんですね^^』とガイドさん。

 へえ~です^^

 知ってみるとなんでもないようなところも面白いもんですね♪

 

 ーーーそして、

DSC03274.jpg

DSC03276.jpg

 この『夏島貝塚通り』と言う通りを歩って、大きな工場の正門辺りで再びガイドさんが語りだす。

 今度はバッグから取り出したファイルブックのある1ページを皆に見開きながら。

DSC03275.jpg

 そこには大きな木の写真。

 この写真の中の木が、どんな由来があるのかなあ~とちょっぴり興味が湧く私ですぅ~^^

『ここは日産の工場なんですが、この敷地内には“タブの木”が植わってるんですよ^^』

 はあ。えっとタブの木?

 それがなんなんですかねェ^^;

『実はこの周囲一帯は、かつて海だったんです^^

 明治45年から大正の15年までの間に陸軍の砲台場建設の為、その後の横須賀海軍航空隊基地の造成のために埋め立てられてしまった場所なんです^^

 時はそれよりも少し遡ります。

 伊藤博文さんて知ってますか?知ってますよね(笑)』

 ここで、そんなの知ってるよ~!と言わんばかりに皆さんのクスクス笑いが^^

 その笑いを見てからボランティアガイドさんはーーー

『いや~、若い子も何人かいるもんで一応聞いてみただけですw』

 え?若い子って私と琴音っちだけですよね?

 もー失礼ですうw

 さりげなく琴音っちがこっちを覗き込むもんだから、

 なぜか私がおバカさんなんじゃないのかと、参加された皆さんも釣られて私に注目するもんだからハズカシイじゃないですかもうっ!^^;

 そんのくらいは知ってます!

『さて、タブの木のお話に戻りましょうねみなさん^^

 伊藤博文公と言えば初代内閣総理大臣ですよね^^

 その伊藤公。

 この夏島に別荘を持っていました^^

 大日本帝国憲法の草案も別荘にこもって起草されたと伝えられています^^』

 別荘は・・・知りませんでしたですう^^;

 でも憲法をつくったのは・・・なんとなあ~くw

(夕実ちゃんは歴史苦手)

『当時の伊藤公の別荘は夏島という立派な島にあったのですが、その後行く年の時を経て造成地に埋没してしまいます。

 大正の時代に“夏島憲法起草遺跡記念碑”を伊藤公の別荘跡に造るのが相応しいという話になったのですがーーー

(※夏島で起草されたので、大日本帝国憲法は別名“夏島憲法”とも言われていたそうです^^)

 当時とはかけ離れた景観。

 一体どこに別荘があったのかが分からない状態だったということです。

 ところが、

 伊藤公が小船を繫いでいた“タブの木”と“古井戸”が発見される。

 そこを目安に伊藤公の別荘跡が判明したということなのです^^』

 ほえ~なるほどです^^

 そしてそのタブの木が今も日産さんの工場内に残ってるってことなんですね^^

 私はホエホエ言いながらガイドさんの話に魅入られた。

 歴史苦手なのにねw

DSC03277.jpg

DSC03278.jpg

DSC03279.jpg

DSC03280.jpg

DSC03281.jpg

 それから再び歩き出す私たちですぅ^^

 目の前に広がる壁の向こうは『日産グランドライブ』という、

 日産車の試験場と言う事もガイドさんが説明されていました^^

 それに合いの手を打って、参加者さんが色々と補足するのもまたツアーの面白いところだと思いました。

『あれはね~一般の人も試乗できる機会があるんだよオジョウチャン^^』とか。

 そして日産工場前から歩く事10数分。

DSC03282.jpg

DSC03283.jpg

DSC03284.jpg

DSC03285.jpg

『明治憲法起草記念碑』のとこまでやってきました^^

 記念碑の周りのフェンスには、ここ夏島の歴史年表とか明治大正昭和の写真やらとパネルが何枚も何枚も掲げられていてビックリですう^^

 正直屋根も無く野ざらしのこの場所に、こんなパネル展示が何枚もあるなんて、なんて親切な。

 そして横須賀夏島イチオシの場所なのかなあと思っていた私はその後に二度目のビックリをする。

『ではみなさ~ん。そろそろ普段なかなか入れないところに入りますよ~^^』と、

 ガイドさんが私たちに召集を掛けたすぐ後でした。

 

 私たちの班がこのツアー最後の『班(グループ)』だったのですが、

 記念碑周りから動き出したとたんに数人のボランティアガイドさん達がフェンスのパネルを次々と外しはじめたのですぅ^^;

 どうやらこのツアーだけの為に、わざわざパネルを展示されていたみたいです。

 ・・・そのボランティアガイドさんの労力、そして参加された方達に是非とも御見せしたいというガイドさん達の気構えを感じた私は、

 嘘を付かれて勝手に連れられてきたのを忘れて申しわけない気分になったです^^;

 もっとじっくりパネルを見れば良かった。

 みんなおじいちゃんばっかりだしボランティアさんだし・・・

 正直心がキュンと萎みかけたところで、琴音っちが背中をポンッ!と軽く叩いて声を掛けてきた。

 

『夕実っちぃ・・・。あんまり話せなくてごめんね。ほんとは色々ゴメンナサイとか一杯喋りたかったんだけど・・・

 何しろオバサマが邪魔してて・・・』

 その琴音っちの言葉にふと周りをみると、先ほどまで私とマンツーマンだったオバサマは新しい獲物を見つけたようで、

 初老の渋いオジサマとベッタリ談笑してました。

 どうやら憑き物はどこかへ行ったようですぅ^^;

『いやううん。なんか結構面白いねこのツアー^^ ボランティアガイドさんのお話も楽しいし、

 歴史とかさっぱり苦手だけど、散策しながら実際の物を見て教えられると、頭の中にスゥーーーって入ってくるもん^^

 唐突だったけど私、結構楽しんでるから^^』

『そう言ってくれると私もマジで嬉しいかも^^

 でもほんとゴメンネ夕実っちい。

 さあ、ここから本当の夏島ツアーがはじまるっすよ☆

 行こ!行こ!』

 そう言って琴音っちが私の背中をグイグイと先へと促がす。

 その先は先ほどの明治憲法起草記念碑のフェンスの横だった。

DSC03296.jpg

 南京錠で閉められたフェンス扉を開けるガイドさん。

 それに続く私たち。

DSC03297.jpg

 いつしか網網のフェンスからコンクリートの壁へと変わって、

 私たちはその壁伝いに地面が少し緩んでいる小道を歩く。

 そして

DSC03298.jpg

DSC03299.jpg

 左手の山側にブロックで塞がれた怪しい穴を見つけたところで、

 いつのまにか私の前を歩いていた琴音っちがふと振り向いて嬉しそうに言ったのです。

ようこそ夏島へ夏島へ・琴音っち☆漫画絵.jpg 

『ようこそ夕実っち☆

 縄文・明治・大正・昭和の時代の歴史がひとつの場所に凝縮された夏島へ!』

 

 ここまで読んでくださりありがとうございました^^

 次回がこの話のメインであり最終話です。


nice!(115)  コメント(31) 

nice! 115

コメント 31

orange

こんばんはぁ。
ご近所が賑わう季節。今日も忙しかったのでしょうね。お疲れ様でございます~~。
へぇ〜。明治憲法のゆかりの地。知りませんでした。
歴史を知ると風景がなぜか違って見えます。
by orange (2014-04-10 01:30) 

ちょいのり

すんません・・・
ここんとこグッタリでして^^;

しかも明日はまた料理の撮影でして・・・OTL

正直みなさんの全部の記事を見るのは不可能に近いかと^^;
そのうち『アンナの居酒屋繁盛記シリーズ』などで、近況報告などもしたいかなあと思っています。

by ちょいのり (2014-04-10 02:18) 

johncomeback

歴史大好きですが、お城以外は所縁の地を訪ねたりしないなぁ。
でも、ちょいのりさんの記事を拝見していると面白そうですね。
仙台でもこうしたツアーがあるのかな、あったら参加してみよう。
by johncomeback (2014-04-10 05:47) 

ナビパ

恋人以上へのは発展は。。。^^;
黄色いお花が壁一面に凄いですね。迫力です。d(^_^o)
by ナビパ (2014-04-10 05:52) 

ソニックマイヅル

おはようございます。怪しいふさがれている穴、開けてみたくなりますね。次回開くのでしょうか?^^;
by ソニックマイヅル (2014-04-10 06:40) 

suzuran6

伊藤さん我が家に二人ほど貯金箱の中でお休み中です。
縄文~昭和まで一気にですか?楽しみです。suzuran6は1945年近辺にどっぷりです。
この時期、歓送迎会等で飲む方も大変ですが、飲まれる方も大変ですね。
by suzuran6 (2014-04-10 06:58) 

PENGUIN

夏島が明治憲法ゆかりの地なんて知りませんでした。
続き楽しみにしています。
by PENGUIN (2014-04-10 07:04) 

kinkin

色々ありますね・・・・・・心中ご察し申し上げます。
by kinkin (2014-04-10 09:22) 

みぃにゃん

マンホールのデザインが独特ですね。
覚えやすそう~
by みぃにゃん (2014-04-10 09:26) 

サンダーソニア

親友でも怒っちゃうかもですw
by サンダーソニア (2014-04-10 12:04) 

まめ

なんだろう、何が出てくるんだろう、、、<ワクワク
# 実は教壇の前が一番盲点なんですよぉ~

by まめ (2014-04-10 12:37) 

銀狼

すみません…
本題とは別に「日産」という文字に
激しく反応してしまう私です^^;
by 銀狼 (2014-04-10 13:24) 

まこ

メインのお話、楽しみ~♬
今度はシモネタじゃないの?
by まこ (2014-04-10 15:40) 

koh925

明治憲法起草記念碑、金沢八景でも見ましたよ
どちらが本当なんでしょうね
新宿御苑のオフ会の記事、前記事で紹介しています
宜しければごらんください
by koh925 (2014-04-10 16:52) 

馬爺

夏島に何が待っているんだろう?
by 馬爺 (2014-04-10 17:18) 

ニッキー

もうそろそろお仕事落ち着かれましたか(^O^)
って「友達以上、友達未満?」は次の記事でしょうかw
by ニッキー (2014-04-10 17:23) 

獏

この界隈だと
日産の工場へ仕事の打ち合わせで
入ったことがありますなぁ(汗)

by 獏 (2014-04-10 19:22) 

しきみ

何を隠そう、私は日産追浜工場の工場見学行ったことあるぜw
・・・社会科見学ね!
ついでにいうと、とあるところで、ちょっとだけ日産工場のテストコースが見える場所があります。
by しきみ (2014-04-10 20:15) 

みずき

塞がれてると余計きになりますね。
最近、こういう横長のコンクリート壁を
見ないので、懐かしくなりました^^;
by みずき (2014-04-10 23:01) 

唐津っ子

歴史が凝縮されたって、次回記事が楽しみです。
お忙しそうですが、体調にはお気をつけて
by 唐津っ子 (2014-04-10 23:41) 

ゆうくん

先が気になりますが、頑張ってください。
by ゆうくん (2014-04-11 01:13) 

orange

お疲れさまです。
まだまだお花見のお客様の波は途絶えないのでしょうね^^
そんな中、当ブログにて33333個めのniceを頂きましたありがとうございます^^♡
今度お会いする折りは、トイレットペーパーよりもう少し上質のお土産を持って参りますです(笑)
by orange (2014-04-11 01:40) 

sumijuni

横須賀ですか
いよいよ 始まりですね
この先どうなるか わくわく します
by sumijuni (2014-04-11 06:27) 

風太郎

日産追浜はウチの機械が一時期トラブル連続やったり改造でしょっちゅう行ってました。。。
タブの木は知らなかった~
貝塚のあたりはちょっと散策だけはしましたが何も覚えてない (^^;
by 風太郎 (2014-04-11 06:28) 

駅員3

あー、いいところで終わりにしないで~・・・・「つづく・・・」早くあっぷしてけろ!!!
by 駅員3 (2014-04-11 07:31) 

いそいそ

続きが気になります、ワクワク(^'^)
by いそいそ (2014-04-11 08:02) 

katakiyo

横須賀は財政難で苦しんでいるようですが
歴史の舞台なのですね、頑張って欲しい。
by katakiyo (2014-04-11 09:39) 

コンブ

とりあえずは有名な所から横須賀を巡ってみたくなりました。
by コンブ (2014-04-11 11:31) 

美美

おお))
いよいよ!
と思ったら次回ですか^^;
どんな展開に・・・
by 美美 (2014-04-11 15:24) 

リュウ

遂にジョジョOP公開されましたね
かっこ良すぎてやばいです
by リュウ (2014-04-12 16:49) 

さる1号

あの穴の奥にはいったい何が
秘密基地かなぁ
by さる1号 (2014-04-12 21:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。